宝くじの歴史

毎年、年末ジャンボ宝くじが売り出されると一年の終わりを実感し、銀座の宝くじ売り場で大行列になっているニュースを見ると、我慢強さと右へならえの日本人の国民性が伺える。 購入者数は年々増え続けていて、今年の年末ジャンボの一等は、史上最高額7億円だそうだ。皆、一攫千金にかけている。

「くじ 」の歴史をたどってみると、約2000年前のローマ時代からのものらしい。しかし、昔日本で呼ばれていた「富くじ」的なものになったのは、約560年前に町の建設や要塞構築などの資金調達のためオランダで発行されたことが始まりとなっている。 日本での「富くじ」の歴史は、約380年前の江戸時代初期に現在の大阪にある箕面山瀧安寺で行われたのが起源になっている。それは、元旦から7日までの間に参拝客が自分の名前を書いた木札を唐びつの中に入れ、寺僧がキリで唐びつの中の名札を突いて、当たった3名に福運のお守りを授ける。というものだった。 その後、次第に金銭が当たる富くじが氾濫していき、1692年「人心を乱す」とし徳川幕府から富くじ禁止令が出された。しかし、幕府は寺社にだけは寺の修復費用を調達する一つの方法として富くじの発売を許可し、谷中の感応寺、目黒の瀧泉寺、湯島天神の富くじが江戸の三富として有名になった。しかしその後、天保の改革により富くじは禁止され、103年もの間姿を消していた。

ドリームジャンボ宝くじ2014(第660回全国自治)当選金明細

  • 1 等:3億5,000万円(23本)
  • 1等の前後賞:1億円(46本)
  • 1等の組違い賞:10万円(2,277本)
  • 2 等:1,000万円(69本)
  • 3 等:100万円(2,300本)
  • 4 等:10万円(23,000本)
  • 5 等:1万円(230,000本)
  • 6 等:3,000円(2,300,000本)
  • 7 等:300円(23,000,000本)

主な宝くじ

  1. 年末ジャンボ宝くじ
  2. オータムジャンボ宝くじ
  3. サマージャンボ宝くじ
  4. ドリームジャンボ宝くじ
  5. グリーンジャンボ宝くじ
  6. 億万長者への道

続きを読む »

栄養の歴史

歴史的にみて生物の進化、特に哺乳類の進化は、飢餓との闘争でした。 微生物から始まる食物連鎖のつながりは、種への自然淘汰と遺伝子の突然変異の「ふるい」そのものだったのです。 ホモ・サピエンスが文明を築き上げ社会生活の能力を身につける過程でも、種の中での優位性の確立が闘争の一層激しさを増幅させ、弱者には常に飢えがつきまとったのです。 その必要以上な支配と搾取は人間特有のものであり、生命維持に必要な糖質、脂質の不足だけではなく、本来摂取できるであろうビタミンやミネラルの欠乏症を引き起こすことにもなりました。 現代の経済活動においても、不当な労働の搾取や過剰なストレスや欲望のコントロールなど、個人が背負うべきもの以上の負担が栄養の偏りを生んでいます。

脂質 たんぱく質 ビタミン
×
脂質(ししつ、Lipid)は、生物から単離される水に溶けない物質を総称したものである[1]。特定の化学的、構造的性質ではなく、溶解度によって定義される。1925年に W・R・ブロール (W. R. Bloor) によって以下の生化学的脂質の定義がなされている タンパク質(蛋白質、たんぱくしつ、独,英: Protein)とは、20種類存在するL-アミノ酸が鎖状に多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである[1]。 ビタミン(英語: vitamin)は、生物の生存・生育に微量に必要な栄養素のうち、炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称である(なお栄養素のうち無機物はミネラルである)。

続きを読む »

国際協調

昨今の領有権の問題や、マクロ経済の中において、日本の近代誌を語る上で最も重要なことは日米関係だろう。 江戸の幕末期に黒船が来航してから、日本の近代化と急速な経済発展は太平洋を隔てた大国アメリカあっての偉業であろう。 世界の植民地政策の末期にアメリカが日本を植民地化するのではなく、開国を要求したのには兼ね多くの要素が絡んでいるが、日本が持つ独特の文化を尊重せざるを得ない理由があったものと推察できる。 日本の帝国主義時代にはその逸脱した路線を修正されこそしたが、依然国家の尊厳と精神性、文化は重んじられ守られてきた。 その核となるのは私の思うところでは、それは日本独特の神道という概念が世界でも非常に希有な哲学であり、そこから生まれ出でた文化はあらゆる文化圏の人にとって独特の親近感を感じるというものだ。 他者を排さず其処に居るものが強調して万事を成す。 闘争と征服の歴史を歩んだ世界の文化からは遠く、その考え方は肌の色を選ばず人類の進化に役立つとさぞ訴え掛けることだろう。

続きを読む »

歴史の意味

歴史とはなんだろうか? 小学生の頃そんな疑問をもった自分は当時担任の先生に質問を投げかけてみたことがある。 そこで返って来た答えは、次のようなものだった。 「過去の過ちを繰り返さないためのもの」

当時の自分にとっては完全に納得のいく答えではなかったのであろうが、それなりに納得のいく答えのように思えた。 しかし同時に、その答えはほんの断片的なものでしかなく、もっと大きな大切な「何か」を感じていたのだろう。

人類の歴史においてその大部分が闘争の歴史であり、統治するものと支配されるものの交代の記録である。 歴史や歴史上の人物を正確に評価し、過ちを犯さないためであるなら 「戦争は悪である」 とだけ言い切ってしまえば全て片付き、わざわざ歴史を学ぶ必要もない。

続きを読む »

女性観

以前気になる調査結果があった。 アメリカで毎年行われる「最も尊敬する人」の調査だ。 米国のギャラップという会社が行っている調査だが、この企業は世界30カ国に拠点を置き、様々な世論調査を行っている。 世論調査の先駆け的な企業であり、その調査内容に対する評価は極めて信頼のおけるものだといえる。 恒例のように男性部門は毎年大統領が選ばれているのだが、オバマ大統領は当選より4年連続の首位となった。 アメリカ初の黒人大統領ということもあり、当選初年の得票率の32%から下落傾向にあったものの、根強い尊敬を集めているのは再選を果たした今では当然の結果だろう。

そして注目すべきは女性でトップにたったヒラリー・クリントンだ。 尊敬されうる女性は多数存在するであろうアメリカで、軒並みライバルを蹴落とし2位と10%以上の得票率を離し、堂々の首位を獲得している。 後から知った事実だが、なんと10年間も連続で首位をキープしているのだ。 一方日本では、先日東北大が行ったインターネット調査で「初の女性首相」の問いに対し、 7割近い回答者が「適任者なし」と答えたそうだ。 これは女性の社会進出の度合いによるものではなく、その社会や文化が培った女性観に依るところが大きいのではないだろうか。 けっして優秀な女性が少ないわけでもないし、男性が女性を抑えつけている訳でもない。 それが日本にとって自然な形なのではないかと思う。

続きを読む »

未来へ繋がるお話

あけましておめでとうございます。 またひとつ年を越え、西暦2013年になりました。 去年も様々なことがあり、各先進国でトップが入れ替わる選挙が行われるなど、新たな時代への幕開けを感じさせられました。 やはり人間の文明はこれまで様々な発明と共に著しい進歩を遂げてきましたが、ここ数年で行われたIT革命という波は歴史を越えたうねりを見せ始めています。 アラブの春など中東で起こった革命運動だけでは留まらず、今後は宗教の改革、市場主義一辺倒な社会の改革へと進んで行くでしょう。 その中で不必要なものは壊され、新しい共存共生に必要なカタチがつくられることでしょう。

去年おきた2つの忘れそうな出来事をご紹介したいと思います。 一つはインドのカースト制によるレイプの問題です。 インドでは現代で最も厳しい身分制度が残る国です。 日常的に起きる異常な事件は年間2万4600件に上り、国の歪さを数字だけでも伺うことができます。 首都圏近郊の小さな村で、最下層ダリットの16歳の少女が複数の男にレイプされ、その父親は殺虫剤を飲んで自殺したという事件が9月に起き、それを継起に多数の反体制デモが起きました。 それは一生物である人類が、とても長い時間かかえてきた、最も深刻な問題です。 人の尊厳が、宗教や資産を超えて向かえ入れられる日が来るのは、そう遠くないはずです。

続きを読む »

日中の動き

新しく整理しておきたいのは、日本がWWII敗戦時に適用されたポツダム宣言と前身のカイロ宣言である。 その中ではどうやら北海道、本州、四国、九州のみが日本帰属の領土であると明言されているらしい。 そして、その他の多数の関連する島々は国際協調の中で再訂していくとされている。 時の玄葉外務大臣は尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「中国が領有権の主張を始めたのは1970年代に入ってからだ。60年に中国で発行された地図には日本の領土であると書いている」と述べ、中国の領有権主張に反論している。 そもそもの中国側の主張は、清の時代から数百年に渡って支配がなされており、それが大戦時に日本に略奪されたというものだ。 やはり双方だけの意見を述べ合っても平行線しか見えない。

WWIIの戦後処理はアメリカやイギリスを中心に、国際社会の中で確定されていったものである。 よってこの問題に関しても当事者同士の解決はそもそも成立せず、事は国際社会の裁定に委ねられるところへ来ているのは間違いない。 アメリカが発する「当事者同士の冷静な解決を求める」といった類の話も当然道理が通らない。 なにしろアメリカは戦後日本の処理を自ら行っていたのだから。 古くから固有の領土とお互いが主張を行い、戦争によって領有権が白紙に戻って、国際機関がそれを定めると決まったのであれば最後まで決めるのが責任というものであろう。

続きを読む »

オゾン層の上から

先日とても興味をそそられるニュースがあったのでご紹介したいと思う。 アメリカの西部ニューメキシコ州のロズウェルでスカイダイビングで前人未到の記録をつくったというものだ。 飛んだのはオーストラリアの元軍人で、フェリックス・バウムガートナーさん(43)現在はプロのスカイダイバーだ。 何をスカイダイビングごときで大袈裟にと思うかもしれないが、凄いのはその高さと落下速度にある。 その高さは成層圏の中程に達し、3万9044メートルにも達した。

我々が暮らす対流圏の上にある成層圏に達すると、生物が存続しえないあらゆる障害が起きる。 まず気圧の下降による沸点の上昇によって、体中の血液どころか体細胞の水分までもが瞬く間に沸騰する。 対流圏の終わりには-70℃ほどまで気温が下がり、数十秒で凍りつく。 成層圏の下層を越えるとオゾンの層まで飛び越えるため、太陽からの容赦ない紫外線によりDNAに深刻なダメージを与える。 何よりも気圧がないので体表面や内臓が外に引っ張られ膨張し破裂する。 気圧がないので空気が吸えない。

続きを読む »

日中韓関係

最近は日本、中国、韓国の話題で紙面が賑わうことが多くなった。 領土問題を問題と感じない日本人にこのような報道がなされることは非常に滑稽だ。 一般の日本人からしてみたら、豚に国旗の画を描いたり、他国旗をもやしたり、天皇陛下に軽口を叩いたり、 キチガイが騒いでいるようにしか感じられないであろう。 中国や韓国民にしてみても、日本人を真に挑発・抗議しているというよりも やはり自国の政治や現状への落胆を遠回りに批判しているだけなのかもしれない。

続きを読む »

festival-of-flight

学生の頃アメリカに短期間留学しており、ある日田舎町で行なわれた「Festival of Flight」と言う地元のお祭りを体験した。それは自分の人生を大きく変える出来事で、今でも脳裏から離れることはない。当時将来のことや恋愛のことで悩んでいた自分に、人はほんの些細な出来事で大きく羽ばたける、そんな想いにさせてくれたお祭りだった。普段は真面目そうに、つまらなそうな日々を送っている(ように見えた)大の大人が、満面の笑みを浮かべ子供のようにはしゃぎなら過ごしているのを見て、半ば生きる意味を見失っていた自分がすごくちっぽけに思えたのと同時に、人生にはつらい日々もあれば、こうやって笑っていられる日々もあるんだと言う事を学んだ日だった。

続きを読む »